一般歯科・小児歯科

一般歯科とは?

一般歯科とは、虫歯や歯周病の治療などを指し、その多くが保険内で行う診療です。ただし、保険制度の制約によって同じ治療法であっても使用する材料などの違いから自由診療になる場合もございます。
当院では、虫歯治療や歯周病治療において、なるべく痛くない治療を心がけています。治療の痛みを軽減するために麻酔を使用しますが、その麻酔を注入する際に痛みがあっては意味がありません。そのため、麻酔針を刺す患部を麻痺させる表面麻酔や、圧力をかけずに麻酔薬を注入できる電動麻酔などを使用しています。さらに、最も細いとされている33Gの針を採用するなど、細かいところまで気を付けて患者さんの負担軽減に努めています。

一般歯科のメニュー

コンポジットレジン修復

虫歯の部分を削った後、その箇所をコンポジットレジンというプラスチックで充填する修復処置です。その場で簡単に処置することができます。

インレー

虫歯を削った箇所がレジン充填では補えない場合、セラミックや銀歯などのインレー(つめ物)で修復します。

クラウン

虫歯が大きい場合、歯全体を覆うクラウン(かぶせ物)で人工の歯を補います。

硬質レジン前装冠

金属フレームにレジンを一体化させた保険診療のクラウンです。

ブリッジ

虫歯や歯周病が原因で歯を失ってしまった場合、その両隣の歯を削って土台とし、そこに人工歯を装着します。

義歯

歯を失ってしまった場合には、ブリッジ以外にも入れ歯を選択していただけます。周囲の歯にバネをかけて人工歯を装着する方法で、取り外しが可能です。

知覚過敏

冷たい物や温かい物を食べた時、歯磨きをしている時、風が歯に当たった時などに、歯がしみる症状を知覚過敏といいます。原因や症状はさまざまで、歯がしみる原因は虫歯や歯周病という場合もありますから、しっかりと診断をお受けください。

根管治療

歯の根にある神経や血管を含む「歯髄」という組織が、虫歯や外傷などによって感染や壊死してしまうことがあります。そんな時に、歯髄をキレイに取り除く根管治療を行います。

歯周病治療

お口の中の菌が原因で歯を支えている骨が徐々に破壊されていくことで、最終的には歯を失ってしまう病気です。現在、成人の約8割がかかっているとされており、歯を失う最大の原因なのです。

小児歯科の重要性

「痛いことをされた」、「何をしているのかわからなくて怖い」。当院では、お子さんにそんなトラウマを作らず、歯科医院は怖い場所ではないと思っていただけるよう努めています。そうすることで、大人になっても歯科医院を敬遠せずにきちんと通っていただくことができるのです。小さな頃から予防を目的として歯科医院に通っていれば、大人になっても定期的なメンテナンスが習慣となり、おのずと虫歯のない人生をお送りいただくことにもつながるのです。当院では、お子さんが笑顔で楽しく通っていただける環境づくりをめざしてまいります。

お子さんのメンテナンス

お子さんの歯は大人の歯に比べて虫歯になりやすく、放置しているとあっという間に進行していることも。そのため、3歳以下のお子さんは1ヵ月、4歳以上のお子さんは1~3ヵ月程度を目安にメンテナンスに通っていただくことをおすすめいたします。
メンテナンスでは、毎日の歯磨きを正しく行うためのブラッシング指導から、歯ブラシの届きにくい箇所のクリーニング、虫歯予防のためのアドバイスなどを行っています。お子さんのお口の中をお守りするためにも、私たち歯科医院側とお母さん方が協力していくことが大切になるのです。

TEL:0493-31-1717